葉山町 T邸(元モデルハウス) 【アールの屋根が空に向かって広がる家】

 

葉山町 T邸(元モデルハウス) 【アールの屋根が空に向かって広がる家】

緑豊かな葉山の高台、抜けるような空の下にある住宅。白い外壁にアールの屋根を載せた外観がとても目立つこの家、リビング上部の屋根にに沿って延びるアールの梁によって、吹き抜けのある大空間が広がります。弧を描いてならぶ窓から空の色、雲の流れを、季節の移ろいが室内に注がれます。
LDKにつながっているレッドシダーのウッドデッキもまた、広がりを感じます。キッチンはステンレスで収納力満点。美しい木目の無垢材を用い、壁は塗り仕上げですべてを自然素材でつくられ、リビングや寝室、造作さの収納家具やニッチにこれまた作られた飾り棚などなど工夫がいたるところに。
実はこの家、元々「tsumiki」のモデルルームとして建てられたもの。楽しい空間づくり、住まう人の健康に配慮されているのも納得の家、1階からロフトまで、床・壁・天井のひとつひとつに触れていると、家づくりに携わった職人さんの温もりが伝わってくるようです。

お客様からのお便り