横須賀市S邸 【 気分が上がるトイレリフォーム 】

 

横須賀市S邸 【 気分が上がるトイレリフォーム 】

マンションにお住まいの方からトイレのリフォーム工事をご依頼いただきました。管理組合から、マンションの構造上トイレの床下に水道管・ガス管等が通っているため「トイレ交換をする際にはビスが既存床に貫通しない様、床上げをするように。」という指導があり、床上げをするのであれば折角なので無垢フローリングを使うことに。
「無垢フローリングを水廻りに使って大丈夫?」と言われる方もいらっしゃいますが、厚みもある無垢材なのでお手入れさえしていけば、むしろ長く使えるものなのです。
そこで、床はアンティーク風フローリング:ボルドーパイン厚20mm無垢材をセレクト。床の段差解消のためのR材も、お客様が探してこられた木材を利用して造りました。
もう一つのご要望「少しでもトイレの奥行を広げられたら嬉しい!」を実現すべく、給水管の立上りを隠すためにあった奥のカウンターを取り払い、床出しに変更。飾りを置くための浅いカウンターに造り直すことで、奥行を10センチ以上広げることができました。
またお客様がこだわって手に入れられたタモの無垢材を床色に合わせて塗装し、手摺兼用のサイドカウンターと奥のカウンターを造りました。
便器はTOTOのピュアレストEX、便座はウォシュレット:アプリコットF3をセレクト。
壁クロスは風水にこだわって優しい黄色をベースに、一面だけアクセントで白のクロスをセレクト。白い面には「将来的にウォールステッカーを貼って楽しむかも」とのこと。今後の変化も楽しめますね。
ペーパーホルダーやタオル掛けをアイアンにすることで南欧風な雰囲気に仕上がりました。

リフォーム後
リフォーム前