家づくりへの思い

 

家づくりへの思い

tusmikiの家創り

妥協しない施工

Tsumikiは「当たり前の事」をとても大切にしています。永い時を一緒に過ごす家だからこそ、誠実で丁寧な施工を心がけています。
特に大切にしているのは、構造など家の骨格に関する部分に対して妥協しない、という事。予算に左右されない骨格造りを大切にしています。また、お客様の安心・安全のために全戸で構造計算を行っています。
Tsumikiは永く代々受け継がれていくような家づくりをしていきたいと思っています。

お客様に対する思い

人生の中で、とても大きなプロジェクトをお預かりする責任の大きさを肝に銘じながら家づくりをしています。
Tsumikiの家は出来上がった既製品ではありません。出会いからお引渡しまで一緒に家を造っていく上で、お客様と工務店のパートナーシップの大切さを日々感じています。お客様のご要望をしっかり受け止め、長年の経験をふまえたアドバイスをさせていただき、住みごこちの良い家になるような答えをお客様と一緒に見つけていきます。
お客様が住んで幸せを感じられるような「木持ちいい家」を共に造っていきたいと思っています。

施工する職人の思い

家を実際に建てるのは職人の仕事。社員大工に始まり、基礎、左官、電気、水道等々、ひとつの家を建てるには様々な職人の協力が必要です。
ひとつの家を皆で造っているという意識を持って、職人同士が互いにサポートし合いながらお客様の気持ちを考え、一つ一つの作業を丁寧に行っています。
Tsumikiでは、仕事仲間である職人を大切にし、各々の誇りと責任感に基づき家づくりに取り組んでいます。

家守り(アフターメンテナンス)

Tsumikiは家を建てて終わりではなく永くここち良く使っていただくためのアフターメンテナンスやリフォームを行っています。
地元工務店ならではのフットワークの軽さで、どんな小さな工事でも、責任もって対応させていただいています。お客様と末永くお付き合いさせていただける、地域に根ざした信頼される工務店であり続けたいと思っています。