逗子・葉山に住もう

 

逗子・葉山に住もう

tusmikiの家創り

桜 食釣り釣りペットと愉しむ

逗子海岸から見る相模湾の絶景、自然溢れる逗子や葉山の山々、昔ながらの商店街。たくさんの魅力に溢れ、ゆったりと人生を愉しむのにピッタリの逗子や葉山。そんな逗子・葉山の魅力をこの地に住み続けて40年以上になる当社東和興産常務の鈴木秀義がお伝えします。

逗子・葉山で桜を愉しむ

海と山に囲まれて自然豊かな逗子と葉山。もちろん桜を愉しめるスポットもたくさん。ここでは、地元民ならではの桜スポットをご紹介いたします。

【南郷上ノ山公園】 三浦郡葉山町長柄1888-1
四方を山に囲まれた自然豊かな公園で、公園内には、芝生の丘や公園を周回できる散策路があります。春には公園内の桜の気がとても綺麗に咲きみだれます。

【逗葉高校入口の信号から逗葉高校までの上り坂】
逗葉高校入り口の信号を曲がると道の両脇には見事な桜の木が立ち並びます。まるで桜の木のアーチの中を進んでいるかのような不思議な感覚。車で通るもよし、ゆっくり歩いて通るもよしです。

【逗子ハイランドのメインストリート】
逗子ハイランドのメインストリートも逗子随一の桜スポット。逗葉高校と同じで、道の両脇に桜並木、桜のトンネルの中を走っているような不思議な感覚です。

逗子・葉山で食を愉しむ

非常にローカルな町である逗子や葉山。飲食店や居酒屋もチェーン店の数が非常に少なく、個性溢れる個人店が数多く立ち並びます。そして、それらのお店はスローな雰囲気でゆっくり寛ぐ事ができ、お店の人たちも人懐っこく皆フレンドリー、そんなお店が多いように感じます。ここでは、そんな逗子や葉山らしい素敵な、食事処、飲み処をご紹介いたします。

【 満天 】
逗子の駅から程近い、海辺の町らしく豊富でおいしい海産物がいただけます。魚がうまい、料理もうまい、お酒もうまい!と3拍子揃ったこのお店。更に面白いのは、ユニークなご主人。普段は口数少ないご主人ですが常連だけになると、とたんに饒舌にいろいろな話をしてくれます。ご主人の話を聞きながら、食べる食事とうまい酒。これもまた一興です。

【 大善 】
逗子の駅からちょっと歩いたところにある、ローカル感が漂いまくる、ザ・昭和の食堂「大善」。食堂って言葉がピッタリくるその外観、そして内装。出てくるメニューももちろんザ・食堂です。全体的に大盛りな定食たちはおなかも舌も大満足!実はこの店、私、鈴木秀義の同級生がやってます。

【 仙満亭 】
昭和の香りがするレストラン食堂。わざわざ「レストラン」と付けたのは、上で紹介した、大善が平日のお昼って雰囲気だとすれば、こっちの仙満亭は、休みの日にいくって感じがするから。昭和の洋風な感じが、とっても味があって、その手のマニアにはたまりません(?)。なんとこの店、逗子の駅前商店街がまだアスファルトになる前からやっていたらしいんです。その頃の写真が店内に飾ってあって、昔の逗子に思いをはせながら食べる、これまた昔懐かしいメニューたちがとっても、おいしくて懐かしい、そんな昭和の食堂です。

【 キクヤ食堂 】
いつも若者でにぎわっている小洒落たイタリアンレストラン。大善と仙満亭がナチュラルな「昭和」なら、キクヤ食堂は作り込んだお洒落な「昭和」。ちょっと気恥ずかしいのでひとりふらっとという感じでは入りませんが、デートなんかにはお勧めです。シラスのピザがお勧め。

逗子・葉山で釣りを愉しむ

逗子や葉山に住むようになると、「釣りに行く」という事が特別なイベントではなく普段の生活の一部になります。それは、海がいつも近くにあるという立地的な要素はもちろんですが、逗子や葉山のもつのんびりとした空気とも関係しているような気がします。私などは、釣りを楽しむというよりも、むしろ日常を忘れ「ぼ~」としながら海を眺めに行っている気さえします。
葉山のげんべえで300円だけつりえさを買い、何も考えずに釣り糸をたらし、そのエサが終わったら終了と、なんとも気軽で気楽なものなのであります。一口に「釣り」といっても人によって様々な楽しみ方があり、それを許容してくれる大らかさが逗子や葉山にはあるような気がします。

【最近はこんなところで釣りしました。】


葉山の海でメジナが釣れました。


シーバスを狙ってルアー釣りをしています。

逗子・葉山でハイキングを愉しむ

【 長柄桜山古墳群ハイキングコース 】
高台になっている東和興産がある葉桜団地。その葉桜団地の脇にある、神奈川県内では最大級の古墳が、長柄桜山古墳群です。1号墳、2号墳と2つの大きな古墳があり、その間にハイキングコースが設けられています。古墳時代には、海岸線が今よりもかなり内陸になったようで、この二つの古墳は、海から顔を出すような形で建てられていたようです。
古墳は高台になっているということもあって、東京湾や房総半島を一望する事ができます。2号墳の先には郷土資料館があり、大正元年に横浜の実業家の別邸として建築されたとされる趣のある古民家で、逗子ゆかりの文学作品に関する展示の他、市内の遺跡から出土した資料などを見る事ができます。
ハイキングコース内にはサクラの木が並び、春のサクラの時期には、とても綺麗なサクラを見る事ができます。

【 双子山ハイキングコース 】
トレイルランニングのコースとしても最適な双子山ハイキングコース。かなり本格的なけもの道のような山道を歩きますが、頂上で見える景色は絶景。弊社、東和興産の鈴木常務は、小さい頃によく、鯉やフナを釣りに行ったそう。皇室の方々がハイキングしていることもあるようで、30年以上前に、なんと美智子様(当時は皇太子妃)から声をかけられた事があるんだとか!
マムシに注意!の看板があるので、特に夏場はマムシにご注意下さい。

【 披露山ハイキングコース 】
葉山のビバリーヒルズと呼ばれる(行くと本当にその意味がわかります)披露山住宅を通り抜ける、ハイキングコース。コース中には披露山公園、そして、大崎公園のふたつの公園を通ります。披露山公園はちいさな動物園が併設してあり、可愛らしい動物を見る事ができます。どちらの公園も、景色が素晴らしく。ハイキングの疲れを癒してくれそう。

ペットと行けるレストラン

【 カフェ エカーネ 】
134号線、西海岸通りの大楠山入口の交差点から400Mほど入ったところにあるドッグカフェ。1階はペットと一緒に楽しめるように、そして2階は、わんちゃんがちょっと苦手な方やたくさんの方々でも楽しめるスペースになっています。数あるメニューの中でも、特にハンバーガーがおススメ。近所だったらデリバリーもやってます。詳しい地域はお問い合わせを。
住所:神奈川県横須賀市芦名2-16-8
電話番号:046-858-2688
ホームページ:http://caffe-e-cane.jimdo.com/

【 子安の里まりん 】
子安の里さんは、テラス席がワンコOK。ワンコ連れにはわりと有名なお店のようで週末の土日には開店と同時に人が次々と訪れていました。眺めが良いし、空気も良いのでワンコ連れには嬉しいスポット。
可愛らしいプライベートドッグランもあります。
住所:神奈川県横須賀市秋谷3621-2
電話番号:046-857-6545
ホームページ:http://cafe-marine.com/